最近の動向

こんにちは。お久しぶりです。

ちょっとバタバタしていて、更新できてませんでした。

◼仕事

来週やっと2件面談することが決まりました。

1件はかなり好感触で、後々リモートでも作業できそうなので、とても良さそう。
ただ、最初はC/C++で、その後Rubyの案件を紹介して頂けるかもとのこと。
最初だし、C/C++だったら安心だなというのは有りますが、Rubyの案件がしたい!!
難しいところです。

もう1件はRubyの案件ですが完全常駐。
経験積むのには良さそうですが、あまり周りから学べる環境ではないらしい。

印象的には前者の方が良さそうですが、なんとももどかしいところ。
実際に話を聞いてみて考えます。

また、以前会社の先輩がちらっと口にしていた完全リモートでやっている会社があるので、そこにも応募してみようと思います。
なんかトライアウト形式でかなり長い期間をかけて採用するそうです。
でもその会社のスタイルである「納品のない受託開発」はとても共感できるので、こういうところで働きたいなあと思いました。
まだまだ先は長そうですが、フリーの案件やりながら、そちらも進めていきたいと思います。

ちなみに上記の会社は正社員でもフリーランスでも契約できるそうで、やることは変わらないそうです。
そういう考え方、良いですよね。

◼勉強

今3冊同時並行で本を読んでいます。
一日30ページずつ読むのが目標ですが、中々達成できないことが多いです。
難しい部分とかがあるとどうしても止まってしまうのと、1日にそんなに時間が取れなかったりするので。。。

1冊目がパーフェクトRuby
これが最初の方はよかったのですが、段々と難しい内容に変わってきていて、ちょっと大変です。
色んな構文やメソッドがあるので、Rubyは簡単なようで奥が深いと感じています。
使いながら覚えていくしかないですね。

2冊目は「納品」をなくせばうまくいく
仕事のところで紹介した会社の人が出している本です。
エンジニアってこうあるべきだなと感じさせられます。
ソフトウェアを完成させることよりも、顧客の事業が成功することをまず考えるというのがやはり大事だということを痛感させられました。
このスタイルはスタートアップ事業に適していると書かれていますが、どんな開発でも言えることではないでしょうか。

エンジニアはもちろん、今まで開発を丸投げしてきたクライアント側の人たちに、是非とも読んで頂きたい本です。

3冊目はJavaScript本格入門
トライアウトにJavaScriptが必要な為、勉強用に買いました。
まだ序盤ですが、今のところ大して難しくはないので、スラスラ読めています。

ここまで読んで頂ければ分かると思いますが、かなりトライアウト受けている企業に魅力を感じています。
本当にプロの集団って感じで、そこで鍛えたいなあと。
大変かもしれませんが、やりがいがとてもありそう!!
トライアウト頑張ります。

とりあえずまずは目の前の案件を取ることからですね。
まだまだ読みたい本いっぱいあって、やることもいっぱいあってやばい。

今日は以上です。
ではまた!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です