久々近況報告

こんにちは。

お久しぶりです。しばらく更新せずにすみません。

C言語のゲーム開発の案件が年末で終わり、1月なんもすることない、いぇーい!って感じだったんですが、
なんと同クライアントさんからRubyの案件頂きました。
1月中の短期案件ですが、初のWeb系の仕事なので、ワクワクドキドキ、不安もありつつやっています。
今のところなんとかやっていけているので、この調子で乗り切りたい!!

そして、エンジニアとは別に、FXも始めました。
世間的なイメージで言えば、FXというと博打のようなイメージかもしれませんが、決して博打ではないです。

いや、結局運、というか上がるか下がるかを完全に予測することは出来ないんですが、資金管理やチャートシグナルを学んで行くことで、資金を増やしていくことはできると思っています。

なぜエンジニア一本に絞らないのか。

FXを始めたと言うともっと堅実にリスクなくエンジニア業に集中した方が良いのではないか、という声もあるのではないかと思います。
しかし、僕から言わせれば、なぜエンジニア業に集中する必要があるのか分かりません。それでは会社員の頃とあまり変わりません。

以前にも書きましたが、これからはプログラミングができて当たり前の世代が社会へ進出してきます。その時、会社という盾が無い自分は本当にやっていけるのか。もしかしたらやっていけないかもしれない。

そう考えれば、別の資金源を確保しておくことの方が堅実だと思いました。もちろん、エンジニア業も続けますし、他に資金源になりそうなものがあればそれもやっていけば良いと思っています。

なぜFXなのか

まず、将来的に会社を設立して人を雇ってソフトウェアを開発したいと考えた時に、どうしても必要となるのが「お金」。

そのお金はどのように調達するのか。考えられる方法はいくつかあります。

  1. 銀行に借りる
  2. 株式を発行して買い手を探す
  3. 1人で何かの事業で1発当てる
  4. 投資で今ある資金を何倍にもする

これぐらいしか大きなお金を生み出す方法ってないかなと思います。

1と2は人からお金を調達するので、事業内容に制限がかかることが考えられ、あまり取りたくない方法です。

3が出来たら一番良いですが、かなりハードルが高いです。何かの分野の先駆者になるしかないですし、それが実るまでの時間がどれぐらい必要なのかも分かりません。リスクが大きいです。

となれば、残された道は4の投資です。これは一見リスクがあるように見えますが、それは投資する人次第です。

しっかりとした資金管理をすれば、大きく損をすることはありません。

と言うか、投資怖いとかイメージあるけど、みんなお金が溜まってきたらマンション買ったり株買ったりして投資してるでしょ。

結局は皮肉なことにも投資が一番堅実にお金を大きく増やす方法なんです。結局はみんな投資家になるんです。

で、その中でも取り掛かりやすく、大幅な利益もあげやすいFX。きちんと勉強して損を小さく、利を大きく取っていけば、おそらく大丈夫。

でもやっぱり不安だから小さく始めてトレードに慣れて利益が出てきたら、取引量を大きくしていく予定です。

で、今日はYoutuberでもあるトレーダーのオーリーさんのセミナーに行ってきました。

オーリーさんと写真を撮って頂きました。

投資、と言うかチャートをもっと読めるようにならないとなと思いました。これからの予想とかも聞けてよかったです。

興味ある方はオーリーさんのYoutubeチャンネルをご覧ください↓

https://www.youtube.com/channel/UC8LyhlRFzh7h_w_eP081rpA

今日のところは以上です。

もう少し更新するようにします。。ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です