かるーくRuby #15 File

ファイル操作には組込みクラスのFileを使います。

openメソッドでファイルを開いて、closeメソッドで閉じます。
openにブロックを渡すと、ブロック実行後に自動でcloseしてくれるので、閉じわすれを防止になります。

本当に簡単な例だけ。

以前作ったdog.rbの中身を表示してます。
実行すると、

のような感じになります。
もうちょっと詳しくみたいけど、今日はここまで。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です