システムエンジニアとして必要なスキル

こんにちは。

今日はシステムエンジニアに必要なものは何かについて考えたいと思います。
※今回もあくまで僕の考えですので、ご参考までに。

◼️何が必要か

色々ありますよね。
よく言われるのがコミュニケーションスキル。
世の中に出ているものはほとんどが複数人のチーム開発で作られたものと言っても過言ではないのではないでしょうか。
更にソフトウェアとなると受託開発が多く、クライアントが存在します。
納期に間に合わせるためにも、しっかりした進捗管理が必要になります。
それもあって最低限のコミュニケーションスキル、つまり進捗の報告や相談がないとエンジニアはやっていけません。

また、エンジニアとしての専門知識も必要ですね。
プログラミングスキルや設計、試験、マネジメントのスキル。
しかも上記のスキルは、もっと細かい分野(プログラミングなら色んな言語、設計ならネットワーク、プラットフォーム等)に別れて、プロジェクトによって必要なスキルが変わってきます。

一体何が必要なのか、分からなくなってきますよね。
エンジニアになるにはこれが必要!って中々言いにくいんですよね。

◼️本当に必要なもの

その中でも、僕がエンジニアとして必要だと思っている普遍的なスキルがあります。
それは、浸透力です。

え、何それ?って感じですが、僕はこの表現が一番しっくりきています。
順応力という言い方もありますが、それを更に自然に行えるようなイメージです。

エンジニアとして働く限り、似ているような物を作ることはあっても、同じものを作ることは絶対にありません。
時には今までの知識や経験が全く通用しないプロジェクトに入って働くこともあるかもしれません。

そこでいかに素早く知識や技術を取り入れ、そのプロジェクトに浸透していくか、それがそのプロジェクトでエンジニアが活躍できるか否かを決めると言ってもいいと思います。
プロジェクトの初期段階で配属されたなら、そのプロジェクトのキーパーソンになること間違いなしですし、プロジェクトの途中段階で入っても、即戦力として重宝されます。

じゃあその浸透力を高めるにはどうすれば良いのか。
これこそ永遠の課題であり、システムエンジニアという職種が曖昧になってしまう理由だと思います。
なんせ相手は自分の全く知らない知識や技術、はたまた人です。

そんな相手とうまくやっていく方法に正解はないのかもしれませんが、ある程度の対策をとることはできます。
よく耳にしますよね。普段からアンテナを張っておきなさい、と。

自分のやっていることだけに捉われず、広く見渡しておくこと、それが重要なのかなと思います。
もちろん、自分の専門性を高めることも重要です。
しかし、必ず知らないことをやらないといけない時がきます。
その時に少しでも聞いたことがあるというだけで、その知識や技術に対する入り方が全然違います。
その技術を専門としている人が知り合いにいれば尚良いです。
わからないことがあれば、相談してみることができます。

人間知らないものに対しては構えてしまいがちです。
ぐんぐん進んでいける人は入りからして違うのでしょう。

誰しも全部を極めることはできません。
なので、自分の専門性を高めることによってその専門のことで相手が困っている時に手助けし、自分が知らないことはその専門の人に助けてもらうっていうのが一番効率が良いと思います。

書いていて、社会全体でエンジニアが助け合いながら仕事をできたらいいのになと思いました。
それこそフリーランスのエンジニアが増えている理由なのかもしれませんね。

今日のところは以上です。ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です