RubyとJavaScript

こんにちは。

ただ本を読んで勉強するだけだと頭に残らないので、途中からですが、今日からブログで学んだことをアウトプットしていこうと思います。

◼Ruby

現在標準添付ライブラリのところを勉強しています。

Tempfile

一時的なファイルを作るには

require 'tempfile'
Tempfile.open do |f|
f.puts 'temp' # 一時ファイルにtempと書き込み
puts f.path # 一時ファイルのパスを表示
end

とするとできるみたいです。

一時的なファイルが削除されるのは以下の4つの場合です。
・Tempfile#closeの引数にfalse/nil以外を指定して呼び出す
・Tempfils#close!を呼び出す
・インタプリタ終了時
・GC(ガベージコレクション)実行時

上記のようにブロックを渡してcloseしても削除されないので注意ですね。
ブロック終了のタイミングで削除するにはopenではなく、createを使うとできるみたいです。

YAML

yamlファイルを下記のようにオブジェクトとしてロードできる

require 'yaml'
yaml_string = <<EOS
remote:
host: localhost
EOS
p setting = YAML.load(yaml_string)
# {"remote"=>{"host"=>"localhost"}}

◼︎JavaScript

ES2015ではclassが使えるけどそれ以前ではfunctionを使ってクラスを表現するのか。。。

ちょっと癖がありますね。

classでは全てpublicになるみたいだし、思ったより厄介そう。慣れないとですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です